Tiffanyと色と歴史


あまりにも世界的に有名なティファニー。

上品なアクセサリーが並んでいる敷居の高い勇気がないと入れないお店、というイメージがあると思います。

写真のようにパッケージからしておしゃれで憧れという女性も多いのではないでしょうか。

でもこの色、何色というかご存知ですか?・・・・・・これは、『ティファニーブルー色』だそうです!

創業1873年に合わせ商標登録もNo.1873なのだそう。別名を名前の由来から『コマドリの卵色(ロビンズエッグブルー)』というのだそうです。色名は国によって変わってしまいますが、数字は世界共通。ティファニーはどこへ行っても1873なんですね。

(参考URL:http://prebride-wedding.com/blog-entry-172.html)

ちなみに不足していたビーズも入手してきました。こちらは肌色として使いますが正確には『46113』という色です。ベージュでも肌色でもピンクでもない、そんな色合いを示しています。


ちなみにコマドリはこんな鳥です。写真URL:http://p-albion.jp/?p=5262

水の豊富な落葉樹林で「ピロロロロロロロロロロ~」と高い声で何かに穴でも開けているかのようなさえずりをします。大きさはスズメくらいで滅多に木から降りてくれないので見るのは困難です。北海道利尻島では利尻富士のコマドリを守ろうという活動をしており、寄付金を含めた特製のピンバッヂを販売しています。

利尻コマドリプロジェクト:http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/rishirifuji/item/1373.htm