4か所あるらしい・・・・

ホタルイカミュージアムへ行ってみた!

面白くないですか?この写真。というかこの看板。生簀じゃないから取って食うなと(笑)産地以外の方はホタルイカの大きさってなんだかピンと来ないと思います。写真の端に手が写っていますが、体長は7㎝ほど。深海の冷たい水でしか生きられないそうでこちらの水槽も水温は5℃。産卵のために富山湾へ来てそのまま息絶えるというだけあってここにいるホタルイカも毎日違います。漁が行われるのは早朝。地引網を引いた時の「敵襲!」というホタルイカの反応で網がひかれます。その時に同行していたミュージアムのスタッフの方が別の網で必要な分だけ掬い取るのだそうです。一応イカなので狭い水槽にいきなり入れると自分の炭で生き場を真っ黒にしてしまう恐れがあるのですぐに水を入れ替えてミュージアムと連携をとって出来るだけ元気な状態で展示できるようにしているのだそうです。こちらでは水槽付きホールで小さな漁を再現し発光ショーを行ったり、どうして富山湾にホタルイカが来るのか?天然記念物に指定されているのにどうして食べられるのか?など大きなパネルで学ぶことが出来ます。館内のレストランではホタルイカを食すことも!今日はお客様が多くて食べ損ねてしまったのでシーズンが終わるまでには必ず!ホタルイカとタケノコのパスタを頂きたいと指をくわえて帰路についた私なのでした。

ホタルイカミュージアム

 

ホタルイカとタケノコのパスタ
ホタルイカとタケノコのパスタ

シーズン限定のパスタはオーシャンビュー満点のレストランで頂けます!こちらはミュージアムに入場せずとも入れます。奥には足湯コーナーもありました。