GW山行6日目!いよいよ最後だ扇ノ山!

98%雪だともう慣れるよね。

確か私ここで「氷ノ山しか撮るものないじゃん!」と言った気がするので写真は氷ノ山です(笑)5月で林道の途中までしか除雪されておらず、限界地点で駐車して林道歩きスタートでした。鹿の足跡が多いこと!途中日当たりが良くて雪が途切れていましたがそんな場所では表面の雪の下に空洞が出来て水が流れていることが多いので注意が必要です。はい、私林道で2回落とし穴にハマって精神的にだいぶ痛かったです(笑)それを考えると森の中は木が水分を吸うことで下だけ溶けているということが少ないので安心でした。下手な指導の下、サクサクの雪の斜面にステップを切るわけですが、感覚で言うとヒールで階段を歩く感じ。コツコツコツ、これが階段の一段ずつになります。そうして登った先にはおしゃれで立派な避難小屋!今後のマイホーム計画の参考にしようとしっかり見てきましたよ~。でも下山時に気付くんです。「トイレないからあまり参考にならないじゃん。」て。そんなことを話しながら歩く下山は出来るだけ誰も踏んでいないところを降りましょう。雪の斜面に対して真上から踵落としを食らわせ、ペンギン歩きのように踵だけ使って下山します。狭めの歩幅でトントントン、これが一段ずつになります。

道の途中は見晴らしの良い旧畑でそれをいくつか横切ると道標のある道に合流します。途中雪にマーキングがなくて迷いそうなところがありましたのでそれはご注意を。細かい枝にひっかけないよう気を付けて歩いているうちに高木ばかりになり、そこから先はだいたいどこを歩いても安全な森林地帯に入ります。あ、もちろん夏は道になっていますので従ってください!